クレジットカードbank

年金暮らしの高齢者や主婦が作れるクレジットカードを紹介します。年会費無料、安全性や信頼性、ポイント還元など。

クレジットカードの限度額を増やすにはどうしたらいいか

   

creditcard

クレジットカードの限度額は、クレジットカード使用者ごとに属性で決まります。

一般的なクレジットカードでは限度額は10万~50万円からスタートすることが多いですが、クレジットカード限度額は更に過去の利用実績などで50万円超~100万円程度になることもあります。もちろん、カード事故や支払いの遅延がなく、クレジットカードの利用に問題がないことが原則です。

それ以外にも所得の高い層を対象としたゴールドカードやブラックカードなどでは、利用限度額が100万~300万円程度と最初から高額に設定されていることが多いです。もちろん、利用実績でも変わってきます。

さてそんなクレジットカードの限度額を上げる方法ですが、主に下記の5つの方法が上げられます。

1.利用実績を積み上げて勝手に上がるのを待つ
2.一時的に利用限度額を上げるよう申請する
3.カード会社に限度額を上げてもらうよう申請する
4.ゴールドカードなどランクの高いカードに申し込む
5.クレジットカードを複数持つ

という方法です。それぞれご紹介しましょう。

1.利用実績を積み上げて上げてくれるのを待つ

カード事故や支払いの遅延がなく、クレジットカードを問題なく利用していると、ある時、クレジットカード会社から限度額を引き上げる通知が来ることがあります。これまでの実績を鑑みて、クレジットカード会社側からもっと使ってもいいよと言ってくれるわけですね。ただしこの方法はクレジットカード会社任せなのでいつ限度額を引き上げてくれるかは分かりません。より確実に限度額を引き上げたいなら、2以降、特に3~5の手段を検討下さい。

2.一時的に利用限度額を上げるよう申請する

来月は引っ越しや結婚式などで大きなお金が必要だから一時的に利用限度額を引き上げよう、、、なんてことがクレジットカードによっては可能です。たとえばクレジット・カードのブランドがJCBなら、my JCBというクレジット・カードの管理画面でオンラインで任意にクレジットカードの利用額を一時的に引き上げることが可能です。ただしこの方法は一時的に引き上げるだけなので、継続的に限度額を引き上げられる訳ではありません。

3.カード会社に限度額を上げてもらうよう申請する

クレジット・カード会社に問い合わせて、限度額を引き上げてくれるようお願いすることができます。もちろん、実際に引き上げてくれるかどうかはこれまでの利用実績や年収などに依存しますが、勝手に限度額を引き上げてくれるのを待つより確実な手段です。

4.ゴールドカードなどランクの高いカードに申し込む

年会費は高くなることが多いですし、年収などの審査条件もありますが、ゴールドカードなどのランクの高いカードの場合は最初から限度額が高く設定されていることが多いです。今あるクレジットカードの限度額を上げるより、ゴールドカードなどに乗り換える方が早いかもしれません。

5.クレジットカードを複数持つ

前述のとおり、クレジットカードの限度額を上げるのは手間がかかったり、クレジットカード会社の審査次第であったりします。それならいっそ単純にクレジットカードを複数持つ方が限度額を上げる近道かもしれません。当たり前ですが限度額が一気に倍になります。

特にクレジットカードは新たに作った瞬間が一番キャンペーンなどでお得に作れることが多いので、この機会にクレジットカードをもう一枚作ってみてもいいかもしれません。楽天カードなら入会特典で5,000ポイント超の楽天ポイントが付きます。

楽天カード

2009年〜2015年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査・クレジットカード業界 顧客満足度7年連続第1位 楽天カード

2017/3/31 AM9:59までに申込するともれなく5,000円相当のポイントがもらえる!さらに楽天Edy500円分も必ずもらえる!

クレジットカードを作るなら、年会費無料でポイントが付くものがいいですね。ポイントが付くカードは多々ありますが、ここでは楽天カードをお勧めします。

貯まったポイントは楽天市場で使えるのはもちろん、楽天Edyに交換すれば大手コンビニやファミレス、スーパー、喫茶店など幅広く利用できます。

紹介コード欄に「S4HJN7N5」を入力頂くと入会キャンペーンに加えてボーナスポイントとして300ポイント(300円相当/Edyにも交換可能)がもらえます。

楽天カードの申し込みをする

 - 豆知識 , , , ,